安全のために地盤調査~地盤調査で安心安全ですYO~

調査の依頼をする

地盤調査が必要とされる理由

自分の持っている土地に家を建てる場合、まず最初に地盤調査をすることが推奨されています。元来、日本は地震や台風、洪水などの自然災害が多いとされ、これにより住宅地において地盤沈下や液状化現象が起こる可能性があるとされてきました。しかし、つい開発を急ぐあまり地盤調査がおざなりになる傾向があり、それが近年の大災害時に上記のような地盤沈下や液状化現象が現実に起こる事態となり、現在ようやく見直しに向けての取り組みに注目が集まってきているのです。たとえば、かつてそこに家が建っていた土地だったとしても、その後の周囲の開発事情や災害などにより、地盤に変化が起こっているケースも考えられます。また、ある地域は地盤が硬いとされていても全域がそうであるとは限らず、そのまま地盤調査を行わないまま建てて、後に基礎や家屋に歪みや亀裂が発生してしまったケースも少なくないとされています。こうした被害を受けないためにも、家を建てる前には必ず地盤調査が必要という認識が広まってきています。

調査を依頼するにあたって

地盤調査は、ハウスメーカーや不動産業者を通じて依頼することができます。地盤調査会社は依頼を受けて地盤の調査を行い、その結果問題がなければ「問題なし」と報告されます。しかし、問題があった場合は報告後、地盤改良工事会社に改良工事の依頼をすることになります。実は、地盤調査会社と地盤改良工事は兼用しているところが多く、それが場合によっては高額工事費に繋がるケースがあるという指摘を受けているのです。そこで、現在活用されつつあるのが、地盤調査データを公平な第3者の目から分析する地盤調査解析サービスです。これらの解析サービスは、データを再検証し、顧客の立場で最善の方法をアドバイスするというものです。これを依頼することで過剰な改良工事を防ぐことができ、なおかつどのようなものが必要なのかが顧客自身把握しやすくなるとされているのです。