安全のために地盤調査~地盤調査で安心安全ですYO~

重要な地盤調査

地盤調査は将来のために

地盤調査は、住宅などを建てる際にその土地の地盤の性質を調べるものです。購入しようとしている土地が、埋立地であったり田んぼだったりと、弱い地盤であるかもしれません。安全な住宅を建てるには、しっかりとした地盤が必要ですので、その土地に問題がないか確認するために、地盤調査を行うのです。しかし、もし弱い土地でも購入をあきらめる必要はありません。地盤調査の結果にもよりますが、十分な基礎工事を施すことで、液状化などのトラブルを防ぎ地盤の耐久性を上げることができます。今後、大きな地震が発生する可能性もあります。信頼できる地盤調査の会社に依頼し、土地に合わせた方法で調査をしてもらうことが、将来に備えて必要なことになります。

最も一般的な調査方法

地盤調査はどのように行われるのでしょうか。主な方法としては、「スウェーデン式サウンディング試験」「ボーリング調査・標準貫入試験」などがあります。住宅など小規模な建築物を建てる際に使われる、最も一般的なものがスウェーデン式サウンディング試験です。この方法は、鉄棒の先端がスクリュー状の器具に荷重をかけ、25cm下がるまでに何回転したかにより地盤の強さをみる調査方法です。1箇所につき2万円ほどとコストを安く抑えることができますが、原則として、1宅地で4箇所以上の測定をしますのでトータルで8万円以上かかるとみておいたほうがよいでしょう。また、この方法は時間も1箇所につき30分ほどで終わります。地盤調査の結果をもとに、適切な基礎仕様を提案してもらいましょう。