安全のために地盤調査~地盤調査で安心安全ですYO~

災害対策を行なう

地盤調査利用方法とは

地震に火山の噴火、さらに台風や豪雨に豪雪など日本は非常に自然災害の多い国です。言い換えればそれだけ自然に恵まれているという面もありますが、災害対策は日本に住んでいる人間にとっては欠かせないものです。そうした災害対策に必要なのは、正しい現状の把握です。自分の住んでいる場所や働いている場所が、自然災害に対してどれだけ耐えられるのか、それを正確に把握することで対策も練れます。建築物にあっては正しい現状を把握するという意味において、重要となってくるのがその立地する地盤の強度を調査する、地盤調査です。地盤を直接掘ったり、レーダーなどで計測したりして地盤の特性を調査します。地盤調査はいわゆる地質調査業という業態の会社に依頼して行います。

調査はなぜ人気なのか

現在地盤調査は日本全国あちこちで行われており、一般的にも人気のある地質調査です。それは、日本という地震大国に暮らしている我々にとっては、生命財産を守るために、必要な情報であるためです。東日本大震災によって、東日本一帯は非常に大きな被害を受けました。東北地方から遠く離れた関東南部でも、大きな影響がありました。関東南部は本来湿地であった土地を、改良して人間の住める土地にした新しい土地であり、非常に水分量の多い軟弱な土地です。そしてその軟弱な土地は、遠く離れた地震によって、液状化を起こして大きな被害をもたらしました。日本全国こうした軟弱な土地は散見しています。見た目では分からないこうした土地の強弱を把握するためには、地盤調査によって詳しく調べる必要があるのです。